06

エンジニア

N.K

開発部
(2019年入社)

自分のアイデアが
新たな製品として
生み出されることがやりがいに

若手でも裁量権が大きく、活躍できる

―― デジタルアーツに入社を決めた理由は?

学生時代は情報セキュリティをテーマに研究していました。情報セキュリティは流行り廃りがなく、常に世の中に必要なものだと強く感じたので、セキュリティソフトウェアメーカーのプログラマーになりたいと考え、就職活動をしました。
数ある企業の中でもデジタルアーツは、特に若手が裁量権を持って活躍していると感じられたこと、また、私が通っていた小学校のPC教室で、デジタルアーツのWebセキュリティ製品「i-FILTER」が入っていたことから強い縁を感じて、入社を決めました。

―― 現在のお仕事について教えてください。

新製品の開発を行う部署で、ビジネスコミュニケーションツール「Desk@Cloud」の開発に携わっています。現状「Desk@Cloud」はオンライン会議やチャットツールとして十分な機能を有していますが、より幅広いシーンでご利用いただけるよう、ウェビナー機能の搭載など、様々な機能追加を進めており、これらのプログラム設計を担当しています。
デジタルアーツで初めて、コミュニケーションのために開発されたチャレンジングな製品なので、そうした製品を担当できるというのが嬉しいですね。

自分たちが生み出した製品が
役に立っていることを実感しながら、
チームでものづくりができる楽しさ

―― 仕事のやりがいはどんなところでしょうか?

自分が担当する製品について、社内外からフィードバックをいただきながら、より良い製品開発ができるところです。
「Desk@Cloud」は、テレワークの普及を見据えてセキュリティがしっかりとしたチャットやオンライン会議ができるコミュニケーションツールとして、2020年にリリースしましたが、お客様や社内から「こんな風にしてほしい!」「こんな機能もあったら!」といったご要望が次々と届くので、皆さんが使ってくれているんだな、と実感することができます。また、機能開発においては、チームで議論をする中で、自分の意見やアイデアを反映しながら進めていけます。こういった、自分が納得できるものづくりができるという点が大きなやりがいに繋がっています!

―― 自分が成長できたと思えるところは?

チーム全体の動きを考えて自分の仕事を進められるようになったことです。
学生時代のプログラム開発は1人で完結できたのですが、会社に入ったらプロとして作業のクオリティを上げることはもちろん、他のチームメンバーのタスクが遅れていたら自分のタスクを早めに終わらせてサポートするなど、チーム全体の進捗を考えて動く必要があります。常にチーム皆で開発をしているんだという意識を持ち、クオリティの高い製品を予定通りリリースするための行動ができるようになりました。

―― デジタルアーツの良さは?

チームでものづくりができる楽しさを実感できるところです。
開発部だけでなく、マーケティング部などの多くの方とコミュニケーションを取りながら製品開発を進めていくのはとても楽しいです。
また、ニュープロダクト課では、毎日オンラインミーティングが実施され、自分の仕事の進捗状況を報告したり、悩み事をフランクに相談できたりする時間があるので、とても心強いです。

―― 今後の目標を教えてください。

我々エンジニアにとって、新しい製品を開発することは、自分のスキルや経験を駆使してチャレンジできる最もエキサイティングな仕事だと思っています。ですので、常に新しい知識や技術を身に付けていきながら、世界が驚くような製品を生み出していけるエンジニアになりたいと思います。