04

エンジニア

G.D

開発部 課長
(2006年入社)

世の中に求められる
製品を生み出せる
エンジニアとして挑戦し続けたい

新しい時代に挑戦する製品開発ができる

―― デジタルアーツに入社を決めた理由は?

学生時代は情報通信の学部に所属し、プログラムの開発などをしていました。就職活動では、自社製品を有しており、かつ自社開発している企業でプログラミングに関わりたいと思い、様々なITソフトウェアメーカーを見ていました。当時のデジタルアーツはまさにベンチャー企業といった感じの勢いがあって、社員の方々がとてもフランクで話しやすかった印象でした。また、「時代に合わせて何でもやってやる!」という社内の雰囲気をひしひしと感じられたところがいいな!と思って入社を決めました。

―― 現在のお仕事について教えてください。

クラウドセキュリティサービス「DigitalArts@Cloud」の開発チームのリーダーをしています。
「DigitalArts@Cloud」は、デジタルアーツの主力となる4製品のクラウド版サービスで、各製品の共通部分の機能開発やサーバー管理、運用など、幅広く担当しています。顧客要望を基にマーケティング部と検討し、細かな対応方針を決めること、担当の割り振り、進捗管理、プログラムコードのレビュー、検証項目のチェックが主な仕事です。「DigitalArts@Cloud」は、各製品のクラウド基盤のようなものですので、私たちのチームだけでなく、デジタルアーツの開発部全体が関わっており、全員で作っているという気持ちでやっています。

全エンジニアが一体で生み出す、
スピーディーかつクオリティの高いものづくり

―― 仕事のやりがいはどんなところでしょうか?

お客様のニーズをキャッチし、より運用に適した製品開発を、全社一丸となって進めていけるところです。
クラウドセキュリティサービスは、学校での1人1台端末やオンライン授業が拡大しているため、学校でのニーズも高いですし、企業でのテレワークも進んでいることから企業のニーズも高まっています。このため、数多くのお客様のご要望を理解し、最適な仕様が何か、判断してスピーディーに対応することが求められます。このために、マーケティング部や営業部の担当者と徹底的に議論して最適解を導き出し、私たちのチームと開発部の各セクションの担当者と連携して対応していきます。決められた時間で精度の高い成果物を出すこと。これがプロのエンジニアとしての仕事の厳しさですが、お客様に喜ばれる開発ができたときの達成感はたまらないですね。

―― デジタルアーツの良さは?

デジタルアーツは時代のニーズに合わせた新しい製品の開発にも挑戦できる会社です。
「DigitalArts@Cloud」のチームがスタートするまでは、オンプレミス製品がメインであったため、クラウド製品を立ち上げるということは、会社としても大きなチャレンジでした。社内にそれほどノウハウがなくても、高いスキルを持ったエンジニアがたくさんいますので、自分たちで新しい知識を身に付けながら、経験豊富な上司や先輩方、仲間たちと一からものづくりができたことが自分としても非常に楽しかったです。「自分でやりたい」と思って、やっていく意欲と力があれば、知識欲・好奇心を満たせられるものづくりができる会社だと思います。

―― 今後の目標を教えてください。

クラウドセキュリティサービスはこれからますます多くのお客様に求められていく分野ですので、「DigitalArts@Cloud」も今よりももっとお客様に使いやすいセキュリティ対策製品となるよう、開発を進めていきたいと思います。
また、世の中に必要とされるよりよい製品を生み出せるエンジニアとなれるよう、自分自身も成長し続け、新しい分野にチャレンジしていきたいです!