03

SALES & PLANNING

H.M

営業部 パートナーセールス2課 副主任
2016年入社

PEOPLE INDEX

メーカーとして、
プロフェッショナルとして、
パートナー様を支えていく。

IT業界に興味を持ったきっかけは、学生時代のアルバイトでした。とあるベンチャー企業だったのですが、その中で仕事をしていくうちに、ITはどの業界にとっても需要があり、それでいて人の生活になくてはならないものだということを知り、そこに惹かれたのです。そこで、就職活動はIT企業に的を絞り、自分の裁量で仕事をしながら成長できる会社を探すことにしました。それらの会社の中で、将来に対して不安を抱くことがないように、事業面や財政面で経営基盤が安定をしている会社として、デジタルアーツを選択したのです。
現在は、パートナセールスという仕事をしていますが、なかなか聞き慣れない名前だと思います。簡単にいうと、販売代理店であるパートナー様が当社の製品を販売しやすいようにサポートをする役割です。パートナー様に向けた情報発信、月一の定例会、パートナー様先でのセミナーや商品説明会など、その業務は多岐にわたります。また、新製品を発売する際の提供金額の交渉やキャンペーンの施策を考えることも仕事のひとつです。その中で、パートナー様からの質問は製品に関することがほとんど。メーカーの担当者として、自社商品をきちんと説明できないようでは話になりません。だからこそ、新製品を発売する時はもちろんですが、日々のマイナーバージョンアップの際などにも、製品理解をしっかりと行うことを大切にしています。

自分のアイデアで仕事を。
働き続けられる環境で
成長していきたい。

当社の製品を販売していただくことで、どうすればお互いにしっかりと利益が出せるのか。パートナー様の窓口の方と一緒に案を出し合って決めていくのですが、各パートナー様で特性も異なるため、打ち出すキャンペーン内容はその都度変えていかなければなりません。それを考えることが一番難しいのですが、基本的にどのようなキャンペーンをご提案するのかは、私自身の裁量に任せていただいているので、やりがいは大きいです。自分のアイデアが実行されて売上が伸びれば嬉しいですし、そうした経験を積んでいくことで、大きく成長できていると感じます。上司の方は、若手が意見を出すことに対して積極的で、間違っている場合にはきちんとご指摘をいただける環境なので、思い切ってアイデアが出せるところも当社の素晴らしさですね。
やはり、自分の頭と手を動かす仕事は楽しいと感じるので、今後も自分のアイデアを使い、お客様と接することができる仕事に携わっていきたいと思っています。その点で、デジタルアーツが結婚や出産を経ても働き続けることができる環境だということは心強いですね。実際に産休・育休を取得して職場復帰されている方も大勢いらっしゃいます。そして、私がそういったライフステージに差し掛かったとしても「ぜひ、戻ってきて欲しい」と言ってもらえるような人材になっていくことが目標です。

PEOPLE INDEX