02

ENGINEER

G.D

開発部 DigitalArts@Cloud課 課長
2006年入社

PEOPLE INDEX

ゼロからイチを生み出す。
その実感を得られるから
成長も早いと思う。

自分で何かを創り出したかった。そのような理由から、新卒での就職活動の軸は、自社で何かを開発している会社に絞って行っていました。入社して1年間ほどは自治体向けの製品開発を経験し、その後、家庭向けの製品を扱う部署へ異動となりました。そこで配属になった課で、2年目の終わりを迎えるころに「i-フィルター 5.0」の開発に携わることで、製品をつくって世の中に出すまでをすべて経験できたことは大きかったと思います。マーケティング部門が集めてきた顧客要望から、どんな機能があれば喜ばれるのかを想像し、その設計を行って仕様を決める。そこからコーディングをして、テストをして、プレスリリースのチェックも行う。「自分で生み出したものが世に出るのだ」という大きなやりがいを感じることができました。そして、なんとなくですが、この仕事をして生きていけるだろうなという確信も感じることができました。
これまでを振り返って難しいと思うのは、スマートフォン向けの開発です。スマートフォンに関しては、プラットフォームに何かと制約が多く、それを解決するには大変な苦労を要します。まさに難解なパズルを解くような作業。ただ、開発に携わっている方であれば分かるかもしれませんが、それがカチッと解決できると得もいわれぬ達成感を味わうことができる。それもまた、開発の魅力だと思います。

正しい答を導きながら、
ひとりでも生きていける
エンジニアになる。

仕事を進める上で最初に苦労した点は、お互いの意思疎通です。営業やマーケティング部からの要望を受けて簡単に了承をしてしまい、開発をしたのはいいものの、お客様のご要望にそぐわないものができてしまうこともありました。また、私ができるといったものですから、営業社員はお客様に納期のお約束をしてしまい、その納期には物理的に間に合わなくなってしまうこともありました。これらの経験から、しっかりと意思疎通をとりながら仕事をすることを大切にしています。それぞれが自分の守備範囲をしっかりと理解し、それに見合った仕事をしなければ、物事はうまく進みません。営業社員がお客様にお伺いするべきところが聞けてない場合はその旨をきちんと伝えますし、逆に開発側は足りない情報を営業の方に不足なく伝える義務があります。そうして、お互いが腹落ちしてから始めたほうがよい結果を生むのです。
今後もそういったことを意識しながら、知識やスキルを身につけていきたいですね。そして、常にアンテナを張りながら、今どんなものが必要とされているのかを考え続け、いずれは世の中を変えるアイデアを生み出したいと思っています。そうなることができれば、たとえひとりになったとしても生きていけると思うのです。明日、何があるかわからない時代。デジタルアーツでのものづくりで、力を蓄えていきたいと思います。

PEOPLE INDEX