01

ENGINEER

H.M

開発部 FinalCode課 主任
2013年入社

PEOPLE INDEX

ものづくりの楽しさも厳しさも、
ここだったら
すべて学べるはずだ。

学生時代に趣味でソフトウェア開発を行っていたこともあり、就職活動時はそのプログラミングスキルを活かした、ものづくりのできる仕事に携わりたいという想いがありました。そのなかでもデジタルアーツは自社開発のメーカーであり、開発の全てのプロセスに携わることができる点と、その後のサポートまで一貫して行っている点に魅力を感じました。また、説明会や選考で先輩社員から話を聞く中で、製品開発に直接携わる人々の考え方に触れることができ、この人たちと一緒に働いてみたいと思ったことも、入社を決めたポイントです。現在は、ファイルセキュリティ製品「FinalCode」の開発チームに所属しています。チーム配属直後は検証業務からのスタートでしたが、製品への理解を深めた数ヶ月後にはバグ修正、さらに数ヶ月後には追加機能の開発と、製品理解や技術習得の範囲に応じて任される業務の規模や重要度が徐々に大きくなっていき、製品の根幹に関わるような機能の開発といった難易度の高い業務も担当するようになりました。最近ではWindowsクライアントの新機能開発をメインで行いつつ、さらにはサポート業務や後輩の指導も担当しています。このように、習熟度に応じて業務を次々と任せてもらえ、結果として知識やスキルが停滞せず身につき成長できる点は、デジタルアーツの魅力のひとつだと思います。

任され、助けられ、完遂する。
だからこそ得られる
経験値がある。

デジタルアーツでは、若手の内から大きな仕事を任せてもらえる機会も多いです。例えば、「FinalCode」のメジャーバージョンアップでクライアントモジュールを一新することになった際、当時入社3年目だった私も、主要機能の開発の一部を担当しました。
重要な役割を任され嬉しかった反面、重責ゆえに苦労することもありました。同じメジャーバージョンアップに向けて、追加機能のひとつであるファイルサーバー用の自動暗号化機能を、技術調査から開発まで全て任せてもらった時のことです。予定通りにリリースできたものの、その後、想定していなかった不具合が発生し、お客様にご迷惑をおかけしてしまったのです。私の考慮不足が原因で起こった不具合だったのですが、社内の様々な方のサポートを受けながら、お客様に状況を確認し、原因を特定、修正をして無事解決することができました。その結果、大変ありがたいことに、そのお客様には現在に至るまでご利用を続けていただいています。このような状況でも、担当者として最後まで任せてもらえるこの環境だからこそ、エンジニアとして得られる経験値も大きいのだと思います。
今では後輩を指導しサポートする立場でもありますが、今後は技術力に加えて、そういった周囲をサポートする能力や、全体を俯瞰してコントロールする力を伸ばしていき、いずれはデジタルアーツの製品開発を牽引する立場になっていければと考えています。

PEOPLE INDEX